美容・健康のカテゴリ記事一覧

キャンディキャンディはアニメで人気のキャラですね。キャンディキャンディからみた美容・健康関係の情報等お伝えしていきますね。その日の出来事などもつぶやいちゃおうかな♪

カテゴリ:美容・健康

美容・健康のカテゴリ記事一覧。キャンディキャンディはアニメで人気のキャラですね。キャンディキャンディからみた美容・健康関係の情報等お伝えしていきますね。その日の出来事などもつぶやいちゃおうかな♪
No Image

美容・健康
NK細胞は人の免疫システムの中で重要な役割を果たしているそうです。つまり、がんやウイルスに感染した細胞を攻撃するということです。NK細胞は最前線のお巡りさんの…

記事を読む

No Image

美容・健康
最近は頭皮に保湿成分を与えるエイジングケアシャンプーが女性の間で人気を博しているとのことです。保湿と言えばスキンケアの代名詞のようなものですが、頭皮も肌の一部…

記事を読む

No Image

美容・健康
熱中症対策のひとつに打ち水があります。日本ではエアコンがない古くから取られている手法ですよね。打ち水によって体感温度を下げることになるのですが・・・実は、その…

記事を読む

No Image

美容・健康
毎日お風呂に入るたびにおなか周りが気になりませんか?たっぷりとした脂肪が付きまくっていませんか?女性でも男性でも、身体中に付いてしまった脂肪を何とか落としたい…

記事を読む

No Image

美容・健康
しわ・たるみがあるのとないのとでは見た目年齢が大きく違います。しわ・たるみに加えてほうれい線まで目立ってきたら、それはもう恐ろしい位の老け顔です。しわ・たるみ…

記事を読む

No Image

美容・健康
40代になるとエイジングが進み、お肌にもさまざまなトラブルが現れやすくなります。一番の原因は加齢によるものでしょう。具体的な肌トラブルに乾燥肌と敏感肌がありま…

記事を読む

No Image

美容・健康
最近はキッズ脱毛ってのがあるんですね。テレビ活躍する子役の肌ってきれいですよね。メーキングしているからなのはわかりますが、脱毛もしているんですかね?近年、子供…

記事を読む

No Image

美容・健康
不眠状態が続くと不眠症という睡眠障害につながります。睡眠障害の中でも陥る人が一番多いといわれる不眠症。不眠症の原因は様々です。不眠症を治すのに効果的なのが最近…

記事を読む

No Image

美容・健康
葉酸はビタミンに属し、ビタミン12と同じように赤血球を生成するのに重要な役割を果たします。また、妊娠前、妊娠時に妊婦が葉酸不足になると胎児に神経管閉鎖障害を引…

記事を読む

No Image

美容・健康
妊婦に絶対必要な栄養素に葉酸があります。葉酸の働きには、お母さんのお腹にいる赤ちゃんが正常に発育するするのを促進したり、血液形成に重要な役割を果たす働きがあり…

記事を読む

No Image

美容・健康
紫外線は夏場のものだけではありません。冬でも紫外線は出ているのです。日差しの強さも大したことがない春先から急に強くなります。勘違いしがちなのは、紫外線対策は夏…

記事を読む

No Image

美容・健康
初夏から秋までは紫外線が強烈な季節なので、UVケアは絶対に必要です。もっとも紫外線は1年中降り注いでいるので、UVケアは年中必要なんですが。それでも夏場の紫外…

記事を読む

NK細胞の活性が低いと風邪をひきやすい?

NK細胞は人の免疫システムの中で重要な役割を果たしているそうです。つまり、がんやウイルスに感染した細胞を攻撃するということです。NK細胞は最前線のお巡りさんのような存在で、常に体の中を巡回しながら、他から指令を受けなくても独自にがん細胞を見つけてやっつけるのだそうです。

ところが、このNK細胞を調べてみると活性の高い人や低い人がいたことが分かったそうですよ。NK細胞の活性が低い人はいつも風をひきがちだし、治癒するのにも時間がかかるとのこと。逆にNK細胞の活性が高い人は風邪をひきにくく、ひいても回復が早いということなんです。

そして、NK細胞の活性が高い人と低い人を二つのグループに分けて追跡した実験では、低い人ががんになりやすい結果だったとのこと。こうなるとどうしたらNK細胞を活性化させられるのか知りたいですね。

ナノアクアジェルパックの評判 マルサンアイの大豆パワー SPプレミアムコラーゲンゲルの評判 スヤナイトαの評判 コラーゲンサイクルの評判  
 カテゴリ
 タグ

アンファーのエイジングケアシャンプー

最近は頭皮に保湿成分を与えるエイジングケアシャンプーが女性の間で人気を博しているとのことです。保湿と言えばスキンケアの代名詞のようなものですが、頭皮も肌の一部であるという考え方から、頭皮も水分たっぷりの保湿が必要と言う訳ですね。

肌と同様頭皮も加齢とともに衰えていくので、肌と同じ考え方があってもおかしくないですよね。そんなエイジングケアシャンプーの人気化を先取りして発売されたのが、案フィーのエイジングケアシャンプーです。5月30日に発売されました。

価格は350ミリリットル3800円になっています。普通のシャンプーと比べて高いですが、それなりの効果を期待して購入する人が多いようですよ。保湿はスキンケア、ヘアケアいずれにも共通する課題なんですね。

アクアプロテオ美容液の使用感 むくみ対策 ベビーコラーゲン 看護師の求人条件 薄毛予防

熱中症対策〜体感温度 打ち水は逆効果も?〜

熱中症対策のひとつに打ち水があります。日本ではエアコンがない古くから取られている手法ですよね。打ち水によって体感温度を下げることになるのですが・・・実は、その打ち水が体感温度を下げる逆効果になることもあるらしいですよ。

これは産業技術総合研究所という所が猛暑日の東京をモデルにシミュレーションしたのだそうですが、午前10時や午後1時に大量の打ち水をすると、体感温度は一旦は下がるんですが、そのあと急上昇して一時的に高くなったそうです。

これは水の蒸発による温度上昇の影響が大きいためだそうです。午後5時に打ち水をした場合は継続的に体感温度は下がったそうです。ですから、暑さを和らげるための打ち水は夕方の方が良いということですね。

ヒアルロン酸の保湿力 モッサモッサ フェブリナ テルヴィス
 カテゴリ
 タグ

適度な運動で余分な脂肪燃焼ができる?

毎日お風呂に入るたびにおなか周りが気になりませんか?たっぷりとした脂肪が付きまくっていませんか?女性でも男性でも、身体中に付いてしまった脂肪を何とか落としたい、効率手金燃焼させたいと悩んでいる方は多いでしょう。

体の代謝能力が落ちると、食事からカロリーの過剰摂取になりやすく、結果、脂肪がおなか周りにどんどん付いていくことになります。効率的に脂肪を燃焼させるには適度な運動と栄養バランスのとれた食事をすることアドバイスを受けません?

脂肪燃焼のための適度な運動ですが、ウォーキングなどの有酸素運動を継続的に行うことで脂肪燃焼が進むんですね。

セロトニンを増やす オルビス エクセレントエンリッチ ワンピースフィギュア買取 酵素ダイエット ラサーナの口コミ
 カテゴリ
 タグ

しわ・たるみはどこにできやすいの?

しわ・たるみがあるのとないのとでは見た目年齢が大きく違います。しわ・たるみに加えてほうれい線まで目立ってきたら、それはもう恐ろしい位の老け顔です。しわ・たるみができやすい部位としてはあご、口元、まぶた、首などで顔では中心部にできやすいのです。

ですから、余計に老け顔に見えたりするのです。しわ・たるみができる一番の原因は、肌の弾力性がなくなり、重力によって下に引っ張られることだと言われています。一度出てしまったしわ・たるみをスキンケアだけでなくすのは至難の業と言えましょう。

しわ・たるみ改善に効果のありそうな化粧品なども多数販売されていますが、しわ・たるみができる原因を考えれば容易なことではないでしょう。しわ・たるみを完全に消したいなら、美容関係の医療機関で率直に相談することでしょうね。

まるたんのブログ よか石けん umaシャンプー プラセンタMAX ヴェフラシャンプー 
 カテゴリ
 タグ

40代の効果的なお肌ケア

40代になるとエイジングが進み、お肌にもさまざまなトラブルが現れやすくなります。一番の原因は加齢によるものでしょう。具体的な肌トラブルに乾燥肌と敏感肌があります。お肌の最たる敵は乾燥です。敏感肌にも丁寧なスキンケアが必要です。

加齢以外で乾燥肌や敏感肌になりやすい原因として、睡眠不足や便秘、偏った食事(無理なダイエット)、水分をあまりとらないなどが考えられます。それにストレスですね。まずはお肌トラブルが起きないように毎日の体調を万全にしておくことが大事です。

そのうえで丁寧なスキンケアを続けることです。40代になるとターンオーバー周期も伸びがちです。メイクで厚塗りして肌トラブルを隠してもすっぴんになったら隠すことはできません。基本的なスキンケアとしては、泡石鹸でしっかり洗顔、質の良い化粧水でたっぷり水分補給、乾燥肌・敏感肌の方は、お肌にやさしいホホバオイルなどで油分も与えるといいですね。

あい子の日記 キャラ日記 ハチさん日記 男の脱毛 40代の肌くすみ

 カテゴリ
 タグ

子供の脱毛ってどうなの?

最近はキッズ脱毛ってのがあるんですね。テレビ活躍する子役の肌ってきれいですよね。メーキングしているからなのはわかりますが、脱毛もしているんですかね?近年、子供向けのコスメやファッションブランドも多くなっており、おしゃれをする小学生も急激に増えているようです。

その中で、学校とか習い事で着替える時とかプールの時間などでムダ毛を気にしだしている子供も多く、悩みの種になっているらしいんです。子供の場合、一旦気にしだすと止まらないので、親としては心配です。

そこで、大手エステサロンではキッズ脱毛コースを設けているところもあるらしいです。正直、子供の脱毛って必要あるのかなと疑問はあるんですが。育ちざかりの子供に毛がなかったら、成長に影響はないのでしょうか?

クラブチャティオの評判 銀座7丁目クリニック 野草専科の口コミ ムダ毛処理 男の脱毛
 カテゴリ
 タグ

不眠症対策にアロマテラピーが有効?

不眠状態が続くと不眠症という睡眠障害につながります。睡眠障害の中でも陥る人が一番多いといわれる不眠症。不眠症の原因は様々です。不眠症を治すのに効果的なのが最近注目のアロマテラピーです。

香りでリラックスするわけですが、アロマテラピーでの不眠症克服にももちろん個人差があります。もともと、香りを好まない人にアロマテラピーを進めても効果はありませんよね。

アロマテラピーで快眠を誘うといわれるものに、ラベンダーやサンダルウッド、ゼラニウム、クラリーセージ、フランキンセンス、イランイランなどがありますが、試してみると良いでしょう。ただ、寝る前のアロマテラピーは香りを薄くすることが効果的です。私はこんな風にして不眠症から脱出できました。

月の休息の口コミ 奇跡の肌砂糖の評判 睡眠障害で肌トラブル クレンジングバームでくすみ対策
 カテゴリ
 タグ

葉酸をサプリメントから摂取するときの推奨量は?

葉酸はビタミンに属し、ビタミン12と同じように赤血球を生成するのに重要な役割を果たします。また、妊娠前、妊娠時に妊婦が葉酸不足になると胎児に神経管閉鎖障害を引き起こす危険性が高くなるといわれているので、妊娠初期、特に10週目あたりまでは葉酸不足にならないことが大事です。

葉酸は食事からもとれますが、水溶性で熱に弱い性質があるところから食事だけでは十分な葉酸を摂取できないこともあります。そこでお勧めなのが葉酸サプリメントです。

ただ、サプリメントから葉酸を摂るといってもどのくらいの量を摂ったらいいのかわからない人も多いと思います。厚生労働省では、食品から十分な葉酸を摂取できない人は、1日400μgの葉酸をサプリメントから摂取することを推奨しています。

背中のにきび跡ケア コントロールジェルmeでムダ毛処理 なたまめ歯みがき 妊婦の葉酸必要量
 カテゴリ
 タグ

妊婦には絶対必要な葉酸!

妊婦に絶対必要な栄養素に葉酸があります。葉酸の働きには、お母さんのお腹にいる赤ちゃんが正常に発育するするのを促進したり、血液形成に重要な役割を果たす働きがあります。ただ現代の食生活の中では葉酸不足が懸念されているのです。

特に妊婦は十分な葉酸を摂取しないと赤ちゃんが正常に発育できない恐れがあります。ですから、妊婦の方は意識的に葉酸を摂取する必要があります。ただ、葉酸を取り過ぎると弊害も出てくるので、妊娠中の葉酸の摂取方法は産婦人科医に相談しながら摂ると良いでしょう。

葉酸は緑黄色野菜に多く含まれていますが、毎回の食事で十分に緑黄色野菜が食べられるかというと、朝食、昼食では特に難しいですよね。そんなかたにおすすめが葉酸サプリです。適量を飲んで、赤ちゃんを健全に、正常に発育させましょうね。

抑毛クリーム パンベシュ 月の休息の効果 三黒の美酢
 カテゴリ
 タグ

春先の紫外線対策は重要!

紫外線は夏場のものだけではありません。冬でも紫外線は出ているのです。日差しの強さも大したことがない春先から急に強くなります。勘違いしがちなのは、紫外線対策は夏にすればよいという考え方。春先の紫外線対策を怠ると美容上の弊害が出てきます。

そう、シミ・そばかすです。よく、春先からシミ・そばかすが増えてしまったという悩みをよく聞きますが、これはまさしく紫外線対策を怠ったためでしょう。紫外線量は3月がら急激に増加すると言われています。

冬のスキンケアは保湿が特に大事ですが、春になってからも保湿ばかりに気を取られていると、シミ・そばかすが増えてしまう危険性があるのです。保湿と同時に春先から紫外線対策をしっかりすること、これがとても大事です。

シミ・そばかす対策にはビタミンCが良いとされていますね。では、ビタミンCが配合されたサプリメントや化粧品をバンバン使えばシミ・そばかすケアになるのでしょうか?それはまた別の記事で。

更年期の関節痛改善 ハイビジョンメイクの評判 ED対策 利尻ヘアエッセンスの口コミ 葉酸の効果的な摂取法
 カテゴリ
 タグ

UVケアを勘違いしていませんか?

初夏から秋までは紫外線が強烈な季節なので、UVケアは絶対に必要です。もっとも紫外線は1年中降り注いでいるので、UVケアは年中必要なんですが。それでも夏場の紫外線は強烈なので、しっかりとしたUVケアをしなければなりません。

で、日焼け止めを塗ることになるんですが、この日焼け止めを塗ることも肌への負担がかかることがあるんですって。特にSPF値やPA値が高いものは肌への刺激も強めだそうです。このことは案外と見落とされているんじゃないでしょうか。

実は、私もSPF値やPA値が高いものを選び、紫外線をシャットアウトするタイプで、美容上の懸念なんて考えていませんでしたから。。。

日常生活でのUVケアにオススメはファンデーションだそうです。今のファンデーションは特にUV用でなくてもUVカット効果があるものが多いらしいですから。

はっこんとうで細毛対策 海外格安航空券の最安値予約 天使の美脚塾 女優肌で美肌に 良質睡眠のとり方
 カテゴリ
 タグ
Copyright © キャンディキャンディ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます