NK細胞は人の免疫システムの中で重要な役割を果たしているそうです。つまり、がんやウイルスに感染した細胞を攻撃するということです。NK細胞は最前線のお巡りさんのような存在で、常に体の中を巡回しながら、他から指令を受けなくても独自にがん細胞を見つけてやっつけるのだそうです。

ところが、このNK細胞を調べてみると活性の高い人や低い人がいたことが分かったそうですよ。NK細胞の活性が低い人はいつも風をひきがちだし、治癒するのにも時間がかかるとのこと。逆にNK細胞の活性が高い人は風邪をひきにくく、ひいても回復が早いということなんです。

そして、NK細胞の活性が高い人と低い人を二つのグループに分けて追跡した実験では、低い人ががんになりやすい結果だったとのこと。こうなるとどうしたらNK細胞を活性化させられるのか知りたいですね。

ナノアクアジェルパックの評判 マルサンアイの大豆パワー SPプレミアムコラーゲンゲルの評判 スヤナイトαの評判 コラーゲンサイクルの評判  
 カテゴリ
 タグ